養育費相場がわからない、離婚後の生活(児童手当、児童扶養手当、慰謝料など)に不安の方、10年後に後悔しない離婚協議書の作成したい方必見!
離婚サポート.net 露木行政書士事務所
事務所のご案内  ● プロフィール  ● 離婚サポートnetのTOPページへ戻る  ● <慰謝料の巻>一覧へ戻る
10年後に後悔しない離婚情報の玉手箱 <親権の巻>

74.認知と養子縁組の違い

■ 認知をせずに離婚手続が終わるのを待って入籍した場合と認知を先にしてから入籍した場合では、戸籍上どのような違いがあるのでしょうか?



<露木幸彦からの回答>

認知」と「結婚後の養子縁組」の違いです。

認知養子縁組も「自分の子供であることを認める」行為です。
効果はどちらもほどんど変わりません。

変わるのは相続のときです。

妻子がいる状態で認知された子供は、相続権が実子と比べ、少なくなります。
子供が2人の場合、実子が2分の1、認知された子が3分の1となります。

養子縁組は実子と同じ扱いになりますから
実子2分の1、認知された子2分の1となります。

■ 離婚が成立するまでの間、子供の父親、母親の間で同意書のようなものを交わした場合法的な効力はありますか?

まず死亡後の認知というものがあります。
通常、男性が亡くなったら、認知はできなくなります。

ただ遺言に「この子は自分の子であると認める」と書きますと
それは有効になります。
男性がこの世にいなくても、認知手続が可能になります。

また認知前の養育費の取り決めも有効です。
これは恵まれない子供に金銭の援助をするように
自分の子でなくても、お金を寄付することは可能だからです。

ただ認知前は父親と子供が赤の他人ですので、110万円を超える養育費には
贈与税はかかります。



露木幸彦の有料セミナー講師実績はこちら

露木幸彦のマスコミ掲載実績はこちら


  行政書士・露木幸彦と申します
  日々勉強させていただいております

メール相談し放題サービス

あなたのアヤフヤな気持ちを法律知識と優しい気持ちと親身な対応で解決します 
■料金(税込)
1週間コース 2,100円 2週間コース 3,150円
1 ヶ月コース 5,250円

ご利用の方には当事務所オリジナル小冊子4つの中から1冊を無料進呈中

■ 「養育費のウソとホント」(絶版)
■ 「乳飲み子が10年後に後悔しない離婚協議書マニュアル」
■ 「10年後に後悔しない離婚調停申立書マニュアル」
■「離婚調停を早く有利に終わらせる魔法の術」
のいずれかを無料で差し上げます。

お申し込みはこちらから



露木幸彦・完全オリジナル小冊子 第2弾
10年後に後悔しない
離婚協議書マニュアル


国家資格である行政書士ならびにファイナンシャルプランナーである著者が知恵を振り絞り、作成した力作です。


・慰謝料を一括で請求する場合
・子供の年齢に応じて養育費を増額させる場合
・不動産を財産分与する場合 等
様々なケースにおける書き方サンプルを掲載

ご興味のある方はお早めのお申込をお願いします

…★お申し込みはこちらから




当サイトで公開されている情報のご利用については、自己責任で行ってください。当サイトの管理者は、ご提供した情報に起因する一切の責を負いません。
許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。
露木行政書士事務所 (神奈川県行政書士会登録)
神奈川県中郡大磯町国府本郷279
Eメール tsyu@mh.scn-net.ne.jp(時間制限なし 月曜〜金曜)
TEL.0463−72−5881(10:00〜23:00 月曜〜金曜)
FAX.0463−72−5881
メールはこちら <ご注意>
☆離婚そのものを勧めることはいたしません。
☆当事者の双方(夫婦)の間に立って、仲裁や和解をすることはいたしません。 あくまで根拠あるデータや情報を提供し、活用していただくだけです。 結論として離婚に至った場合はお手続きをご協力します。

■ 特定商取引の表示
■ 守秘義務について